吹けよ風! 呼べよ嵐! プロレス格闘技ニュースまとめサイト
人間風車

人間風車

─Double Arm Suplex─
<< 【最新回!】対抗戦ブームの終焉と全女退団……/アジャ・コングインタビュー | main | 中井りん、那須川天心、ジェイク・ロバーツ、ケニー・オメガ、角田信朗騒動【14万字・詰め合わせセット】 >>
3階級制覇のパンクラシスト・砂辺光久がRIZIN出撃へ! 「内藤のび太と世界一を決めたい!」

現ストロー級のキング・オブ・パンクラシストにして、かつてはフライ級とスーパーフライ級の頂点に立った3階級制覇・砂辺光久が吠える!先日のパンクラスで衝撃の防衛戦をはたし、外部出撃を宣言!! 新たな戦場、そして対戦相手は……? 「あの頃のパンクラス」への熱き思いや、出身地である沖縄の格闘技シーンとともに語ってくれた!(聞き手・高崎計三)



──タイトルマッチの北方大地戦はジャーマン・スープレックスからのチョークという、凄い勝ち方でしたね。ジャーマンはいつも狙ってるんですか?
 

砂辺 狙ってますね。出せるならいつでも出したいと思ってます。以前にもパンクラス沖縄大会で三谷敏生選手に出したこともあるし。あと今回、試合前日に初めて鈴木みのるさんからメッセージをいただいたんですよ。「試合がんばれよ」って。


──ほう。
 

砂辺 普段は全然そんなことないのに。「23年間憧れた鈴木さんに近付けるようにいきます!」みたいなことを返したら、「魅せて勝つのがプロレスラーだ。それがハイブリッド・レスラーだ」っていう返事が来て。それで試合中、バックを取ったときにそのメッセージが本当に頭をよぎったんですよ。「うわっ! ここで投げなきゃそれじゃないな!」と思って投げました。

 

──鈴木みのる選手のメッセージがジャーマンを!


砂辺 映像では全然映ってなかったんですけど、投げたあとにバックについて首を絞めたときに僕は舌も出してるんですよ。それで相手がタップして。もう、まんまですね。たぶん、23年前の旗揚げ当時、パンクラスの初期メンバーはわかってたんじゃないですか。「カメラがこっちだから、こっちの方を向いて極めよう」とか。もちろん真剣に極めにいくけど、最後の最後で、歌舞伎で言う「見得を切る」みたいな感覚があったんだろうなと思っていて、自分もそうでありたいと思ってるんですよね。


──あの頃のパンクラシストたちと同じ感覚でいたい!と。
 


砂辺 いまはデカゴンで、たくさんのカメラで撮っているとは言え、こっちのカメラがメインだっていうのはわかってるんで、そっち側に向けて舌出して絞め上げて。それって「格闘家」はやらないことじゃないですか。でも自分では「格闘家」じゃなくて「パンクラシスト」なので、それやらないとダメだなと。


──それは「やらない」だけじゃなくて、普通は「やる余裕がない」ことでもありますよね。いざという場面にそれが出るというのは、普段からずっと意識してるからですか?


砂辺 そうですね。昔、美濃輪育久さんがタックルを切るときにパイルドライバーをやったことがあったじゃないですか。あれだって、やらなくていいことだと思うんですよ。でもあのとき、美濃輪さんはパイルドライバーでKOしようと思ってたはずなんですよね。それは僕も一緒で、ジャーマンで相手が伸びてくれれば一番よかったし、そうならなかったから次の展開にいっただけで。1Rの終わりに出したニールキックだって、アマチュアパンクラスのときに出して倒した技でもあるし、プロになってからも吉本光志選手に当てたこともある技なので、倒すつもりで出してるんですよね。美濃輪さんは「無謀」って呼ばれてましたけど、全部、倒そうと思って本気で出してますから、遊びっていう感覚じゃないんですよ。


──スリーパーにしても、全力で絞め上げることと舌を出すのがセットなんですね。


砂辺 そうですね。伊藤崇文さんと対戦したときは慌てちゃってできなかったんですけど、今回はできました。それにそこまでやったら極めきらないとダメじゃないですか。それで逃げられちゃったらダサいんで(笑)。


──では、今回の試合については満足できる結果ですか?


砂辺 満足っていうのは僕じゃなくて、お客さんが決めることじゃないですか。自分では満足しててもお客さんが「うーん……」って言ってればそういう試合だってことだし。でも、周りの人たちとかネットの反響を見ると、「ああ、満足してくれたんだな」と思いましたね。対戦相手を応援してくれてた人の中からも「あれは圧巻だった。あれにだったら負けても仕方ないと思えた」という言葉をもらいましたしね。「砂辺さんが試合後にベルトを持ったまま物販に立って、ファンと写真を撮っている姿を見ると、いまの大地じゃ勝てなかったと思いました」という言葉を聞くと、お客さん的には納得してもらえたんじゃないかなと思いましたね。


──なるほど。試合前の調印式の時には、「ISAO vs 高谷裕之」や「マルロン・サンドロvs松嶋こよみ」というカードに比べての自分の試合の扱いに対して、物申してましたよね。そのあたりへの意地もあったんですか。


砂辺 もちろんありましたよ! 大会告知画像で僕の試合は使われないし、パンクラスダービーの対象でもなかったんですよ。それはずっと「違うだろ? 何なの?」って思ってて。それを決めてるのが団体なのか、酒井代表なのかはわからないですけど、「は?」って。確かに、キャッチーだとは思いますよ。元DREAMチャンピオンの高谷さんと、元パンクラス・チャンピオンのISAO選手。サンドロvsこよみもそうでしょう。でも「パンクラスの一番を決める闘いが大会の象徴じゃないとダメでしょう?」とずっと思ってて、ずーっとくすぶってたんですよ。会って直接言ってやろうと思って。それで直前番組でも言ったし、前日計量でも言ったし、試合後のケージの中でも言ってやろうと思ってたんで。


──そういう気持ちを抱えてたんですね。


砂辺 それをハッキリ言う人っていないじゃないですか。自分の試合は公開練習もなかったですしね。それだけ注目してないんだなあと、メインになっただけマシだったんだなあと。以前は自分の試合がセミで日沖発選手の試合がメインだったこともありましたからね。


──ありましたね。


砂辺 パンクラス・ランカーでもないし、UFC帰りでキャッチーだからメイン。でも俺はセミでしっかり仕留めて勝って、日沖選手は判定で。そういうのもいろいろあって、くすぶってたんですよね。いろいろな選手がパンクラスに出てくれるのはうれしいんですよ。どこどこのチャンピオンだとか、UFCファイターだとか。ただ、この舞台はパンクラスでしょ?っていうのが強いので。


──その主張を酒井さんに直接ぶつけて、それが「外に出て行く」という流れにつながりましたよね。


砂辺 いや、それがあるから外に出て行くってことではないんですけどね。まず、この扱いは違うだろ、と。で、外に出て行った人間が帰ってきたときに、キャッチーだっていうんで扱いがよくなってるわけじゃないですか。だったら「外に行って有名になってまた戻ってくれば、おまえがいたい場所にいられるぞ」っていう酒井さんからのメッセージなのかなとも思ったんですよね。ISAO選手がベラトールに行ったりとか、高谷さんが元DREAMのチャンピオンだったとかというのも踏まえての注目度であって、砂辺は井の中の蛙で、吠えてるだけとしたら、おまえが出て行って戻ってきたらその扱いになれるぞっていう送り出しなのかなと思って。


──これまでは「俺とやるならパンクラスに来い」というスタンスでしたよね。それに対して、「出て行くのが怖いだけだろう」という反応があったのも確かです。そこからすると、180度の変化ですよね。


砂辺 そうですよね。もう何年も「パンクラス王になる」って言い続けてるんですけど、3階級で初代王者になって、防衛戦もやって、昔のパンクラスでやってたような無差別級の試合もやって、得るものを得てパッと自分の周りを見て、「パンクラス王って誰なの?」と思って。まだ、すぐ自分の名前は出てこないと思ってるんですね。周りに聞いても「ISAO」って言う人もいるし、「石渡伸太郎」って言う人もいるし。以前からのファンは「近藤有己」とか「川村亮」って言うかもしれない。でも昔は、「パンクラス王」は鈴木みのる・船木誠勝だったんですよ。


──そうでしょうね。
 

砂辺 でもいまは、もしかしたら酒井代表の名前が出るかもしれないし、旬で言ったら中井りんの名前が出るかもしれない。俺は「いまは中井りんなんじゃないか?」って、試合前には思ってたんですよ。


──同じ大会ではRIZINでの新コスチュームお披露目のためだけに登場してましたしね。


砂辺 それだけのために地方から呼んで、時間を取ってるわけじゃないですか。俺はAbemaの解説とかの番組にも呼ばれないわけですよ。もちろん沖縄ってこともあるとは思いますけど。でも、パンクラスをずっと背負ってきた人間を、金出してでもフィーチャーしないでどうするの?っていうのもあったんですよ。そういうのもフツフツとあって。だからそういう意味では、中に籠もってたらパンクラス王にはなれないよなっていう気持ちもあったんですよね。


──中井りん選手もUFCにも行ったし、今回はRIZINにも出ましたしね。


砂辺 だから会社も押すし、パンクラスというとすぐに名前が出てくる。僕が思うパンクラス王って、チャンピオンだからとかじゃなくて……例えば、プロレスの王様って、いまだにアントニオ猪木なんですよ。武藤敬司でもなく棚橋弘至でもなく、オカダ・カズチカでもなく、いまだに猪木なんですよね。そこは崩れてない。パンクラスも、いまだに鈴木・船木が崩れてない。でもそこは崩さないとダメなんですよ。「もう猪木さんの時代じゃない、俺たちの時代なんだ」ってならなきゃダメだと思ってるので。自分がそうなるには、パンクラスの中で何かを開拓していっても、そこにはつながらないと思ったんです。だから、外に出るいいタイミングなんじゃないかと。それはあくまで「パンクラス王になるため」であって、例えばONEに行くとか、UFCに行くとかじゃなくて、あくまでパンクラスのベルトを持ったままで外に出て行って、王様になりたいということなんです。


──ほかの選手に名乗らせておくわけにはいかないと。


砂辺 はい。だから、卒業はしないですけど、ケージでの酒井代表の言葉はいい卒業式だったのかなと。「外に出て行く」ということに対していろいろくすぶってたものが、あの言葉で、「ああ、行っていいんだ」と。「そうだよな、そうじゃないと俺は王様になれないよな」と吹っ切れたんですよ。これが2〜3試合前だったら、同じことを言われても「何言ってるんですか、自分はパンクラスにいますよ!」ってなったと思うんですよね。それが、試合の扱いに対してくすぶってたものがあり、「どうしたらパンクラス王になれるんだろう?」って考えてたこともあり、そこであの言葉があったので、本当にベストのタイミングだったと思います。


──あの勝ち方の後でもあったし。


砂辺 判定だったら言ってなかったですからね。「ISAOvs高谷、サンドロvsこよみ、凄かったね」ってなってたと思うんですけど、試合内容でもその2試合を超えたと思ってるんで。
 

──で、出て行く先は……。
 

【つづきはDropkickチャンネルへ】

| Dropkickチャンネル | 15:54 | 人間風車 |
ジャン斉藤
編集者です。このブログは備忘録用で国内外のニュースをアップします。プロレス格闘技メルマガ『Dropkick』チャンネルもやってます。
Dropkickインタビュー記事
アジャ・コング
デビュー30周年記念インタビュー「全女はAKB48やジャニーズだった」


AbemaTV格闘技チャンネル担当者インタビュー
格闘技ファンの力で大きくなりました!


才賀紀左衛門
【あびる優、絶叫再び】奥さんが格闘技やることに基本反対。連敗したらやめるとか約束付きです


ターザン山本
SWS田中八郎と剛竜馬、その極太な関係――!!


西村修
ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……


金原弘光
<無料記事>金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?


松澤チョロ
安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜


渡部優一
修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一「東映の許可? 取ってますよ(笑)」


中村祥之インタビュー<New!>
ファイティングオペラ『ハッスル』とはなんだったのか


「斎藤文彦INTERVIEWS◆廖New!>
オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る


KEI山宮<New!>
パンクラシストの憧れと死を見つめて


木村浩一郎
90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」


木村浩一郎
90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」


塩崎啓二
元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」


矢野卓見
ヤノタク、堀辺正史と骨法を語る――愛と悲しみの17000字インタビュー


山本宜久
「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」


朝日昇
“奇人”が語る「本当に恐ろしい昭和格闘技」


田中ケロ
ケロちゃんの新日本プロレス伝説


草間政一
私が戦った暗黒・新日本プロレス


天龍源一郎×神取忍
男と女の壮絶プロレスとは何だったのか?


上田勝次
FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」


村上和成
平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!!


桜田一男
喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」


中野巽耀
「一番尊敬できた先輩は高田延彦だよ」


ミスター高橋with田山正雄
レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」


平田淳嗣
おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」


金村キンタロー
理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」


更級四郎
“Uと馬場”を支えた黒衣の絵描き


高瀬大樹
「俺は悪い奴だった……」元カリスマブロガーの懺悔録


新倉史祐
道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」


尾崎允実
元パンクラス代表「前田日明とも仲は良かったんですよ」


天田ヒロミ
K−1天国と地獄「谷川さんがやるようになってK−1はダメになりました」


船木誠勝
「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」


入江秀忠
修斗とUを漂流した男「俺は自称UWFじゃないんですよ」


ウォーリー山口
プロレスなんでも屋「ジャイアント馬場と竹内宏介、ふたつのG魂」


山田学
初代シューターにしてパンクラシストの大冒険


小比類巻貴之
「ミスターストイックのキャラは正直、しんどかったです」


謙吾
「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」


青柳政司
「左目を失っても打倒プロレスの旅は終わらない」


中井祐樹
「ボクシングができるアントニオ猪木が理想でした」


柳澤健
レスリングとオリンピック まだらのルーツ


眦栂供α以
90年代インディの夢と地獄…レッスル夢ファクトリーとは何だったのか?


眦栂供Ω緤
男たちのプロレス屋形船…友情とカネが砕け散ったWJ


斎藤文彦INTERVIEWS
プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」■


西村修
「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」


中井りん
「恥ずかしいけどテレビに初めて出ました!」


横井宏考
リングスの怪物くん「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」


菊田早苗
「PRIDEの弁当に毒が入ってるんじゃないかって……」


大沢ケンジ×礒野元
「格闘技とルール」桜庭vs秋山、Dynamite!! USAの舞台裏


高岩竜一
「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」


石川雄規
バトラーツの奇跡と絶望…“情念”のロングインタビュー


鈴木秀樹
ビル・ロビンソン最後の弟子「弱いプロレスラーは迷惑なだけです」


康芳夫
世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」


大沢ケンジ
語ろう青春の和術慧舟會!〜ゼロゼロ年代格闘技界の裏側〜


鶴巻伸洋
W☆ING発、リングス行き! 怪しい格闘家人生


桜井マッハ速人☓猫ひろし
巣鴨凸凹マラソン部


北原光騎
男が男に惚れる天龍劇場「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」


安西伸一
元『格闘技通信』名物記者の「俺が愛したグレイシー柔術 」


漫画家・中川カ〜ル
骨法会員番号229番が見た「骨法変節の瞬間」


小笠原和彦
リアル・空手バカ一代!「ボクは“やっちゃっていいよ”組なんです」


太田章
デイブ・シュルツの親友が語る「フォックスキャッチャーの時代」


麻生秀孝
関節技の帝王!サブミッションアーツレスリング総帥


追悼・堀辺正史
矢野宅見「ダメなお父さんでしたねぇ……」


佐藤大輔×藤井健太郎
佐藤大輔はなぜガチ相撲に激怒していたのか?


柳龍拳
この男は実在する!!合気道の達人ロングインタビュー


倉持隆夫
元・全日本プロレス中継アナウンサー「作られたスポーツを実況するということ」


“雀鬼”桜井章一×笹原圭一
「PRIDEと生きた時代」


クロン・グレイシー
グレイシーを10倍楽しむ方法


榊原信行
「僕のことは嫌いになっても、格闘技のことは嫌いにならないでください!」


矢野卓見
再び堀辺正史を語る――「先生も知らない骨法の秘密」


田口隆祐
将棋を語る


金原弘光
UWFが柔術を知った日〜道場はどう変わっていったのか〜


レイザーラモンRG
「ラッスンゴレライから考える世幻vs安川惡斗」


酒井正和
“格闘技団体”としてのあり方――パンクラス


佐藤嘉洋
判定問題のせいで闇に葬り去られていますけど、魔裟斗戦はMAX史上最高の盛り上がりだったと思います


更級四郎×ターザン山本
G馬場ブレーンの語らい――全日本プロレスが再生した日


若鷹ジェット信介
黒歴史ファイティングオペラ――ハッスルの最期を看取った男


仙波久幸
芸能スクープはプロレスである〜名物記者が語る横山やすしからAKB48まで


師走の翁
エロマンガ界の大家が語るJKリフレ・プロレス技事件


ウルトラマンロビン
「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」


中村祥之 その1
負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロレスはあのとき橋本真也がいらなかったんです」


中村祥之 その2
ZERO-ONE激動の旗揚げ


ヤノタク×中川カ〜ル
俺たちが愛した喧嘩芸骨法


ターザン山本
「佐山サトル、前田日明、高田延彦、船木誠勝、石井館長たちがプロ格という魔物を作ったんですよ」


小林聡
野良犬の哲学「選手もプロモーターも群れてちゃ面白くないんですよ」


滑川康仁
地獄のリングス前田道場卒業生


佐野哲也
リアル神代ユウ「格闘技を続けるために警察学校をやめたんですよ」


中井りん
アジア人初のUFC女子ファイター!「日米友好親善と世界平和のために参戦します!!」


ノブ・ハヤシ
K-1逆輸入ファイター 白血病からの復帰


鈴木秀樹
「はぐれIGF軍団」誕生秘話


永島勝司
アントニオ猪木と北朝鮮


森谷吉博
「MMA?絶対に無理!!」未来へ飛んだRENA――大晦日出撃その舞台裏!


武田幸三
キックに命を懸けた男


金原弘光
鬼が作るUインターの激ウマちゃんこ


猪木快守
猪木一族の事業欲とは何か?


大家健
ガンバレ☆プロレス代表の麻雀放浪記


中村和裕
PRIDE崩壊後に見えたもの――


安西伸一×小佐野景浩
天龍源一郎が生きた時代〜『週プロ』と『ゴング』の天龍番対談〜


佐藤嘉洋
マット界初! 選手組合「日本キックボクシング選手協会」とは何か?/


矢野啓太
ピエロの狂気「胸いっぱいのプロフェッショナルレスリング論」


高岩竜一×田山レフェリー
理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク


HARASHIMA
「学生プロレス時代、真壁さんとスクワットを延々やってましたね」


岡倫之
ブシロードクラブの怪物「プロレスラーが世界最強であることを証明します!」


内藤のび太
修斗世界王者は仮面を脱いでも“のび太”だった!!


桜井隆多
カール・ゴッチの教えは茨城に生きていた


「多重ロマンチック」漁師JJ
アナタはなぜブログを更新するのか


渋谷莉孔
「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」


中村大介
2014年のUWF――「それでもボクはUスタイルで戦い続けます」


“中条ピロシキ”橋本吉史
学生プロレスとラジオ


今成夢人
「ガクセイプロレスラー・ライジング 卒業後のリアルなリング」


山本淳一
元・光GENJI、プロレスデビューを語る


RENA×浜崎朱加
SBとMMAの女王対談


大山峻護
愛と苦しみのPRIDE物語「ハイアン戦の恐怖はしばらく消えませんでした」


木村ミノル
K−1毒舌王「いまの格闘技界はお客さんの目線を気にしすぎなんですよ」


北岡悟
「パンクラスイズム横浜」設立


菊野克紀
「最近は武器の型もやってます」沖縄拳法に震えろ!


鈴木信達
極真、米軍、行政書士!! 破天荒人生


浜崎朱加
INVICTAアトム級世界王者インタビュー


マキシモ・ブランコ
「日本は最高の国。街を一人で歩いても殺されない」


矢野卓見
武道の幻想と現実「合気の達人は存在しますよ」


三富政行(元・潮吹豪)
「私が博報堂を辞めてプロレスに浸かる理由」


しなしさとこ
総合格闘技と女性の戦い


福田洋
ジョーカーの狂気とアメリカンプロレス


管理人に直撃!
インディ興行の聖地”新木場1stRINGとは何か?


松本晃市郎
格ゲーを語る「リュウ戦は日本で2番目に強いんです!」


松田干城
高校球児がアメリカに渡りUFCデビューするまで



アーカイブ

このサイトを携帯で見る
qrcode