【爆勝MMAデビュー】世志琥「プロレスラーとして、いつでも戦えるように準備していました」

韓国MMAイベントROAD FCに参戦。MMAデビュー戦をワンパンでクリアした世志琥インタビュー!! 総合格闘技にトライした理由から感じるものは、全女イズムか、猪木イズムか!?

 

 

──衝撃のMMAデビュー戦からだいぶ時間が経ちましたが、あらためて試合を振り返っていかがですか?

世志琥 なんだか……凄い舞台に立ったんだなということは感じていますね。


──「凄い舞台」ですか。


世志琥 自分は本当にプロレスしか興味がなかった人間なので、いまでもプロレスのことしか頭にないんですけど。まさかMMAの舞台にグローブを着けて立つことは想像していなかったですから。そもそも「MMAをやりたい」と思ったことも一度なかったですし、MMAの試合自体そんなに見たこともなかったんです。


──MMAに興味はなかったんですね。試合をやったいまでもないですか?


世志琥 ……以前よりはありますけど(笑)。ただ、変な話、自分が『ROAD FC』に出てからは、AbemaTVでMMAやK-1をちょっと見るようになりましたね。


──なるほど(笑)。


世志琥 でも、自分が戦うことになるとは思ってなかったので、夢を見ているみたいな感じで。プロレスとは別の感覚がありましたね。


──世志琥選手は、PRIDEやK-1がプロレス以上に人気が誇っていた時代を知っている世代ですよね。


世志琥 そうですね。でも、ボクシングも総合格闘技も全然見ていないし、興味がなかったです。地上波でやっていても見ないぐらいでしたから。……あ、でもアウトサイダーとかは好きで見ていた時期はありました。


──そこはヤンキー文化に興味があったんですかね?(笑)。


世志琥 というか、単純に面白かったんですよ。暴走族の総長とかが試合に出てきて「この人、本当に強いのかなあ?」と思っていたら、一瞬でやられちゃうみたいな(笑)。そういうのが面白くて見てましたね。


──でも、プロレスが一番だったんですね。


世志琥 女子プロは小学校のときから見ていました。自分の中ではプロレスが一番面白いと思っていましたから。


──同じくリングで闘うものだし、強さを魅せる場所ということで共通点も多いと思うんですけど、何に違いを感じていたんですかね。


世志琥 うーん、たぶんそこは深く考えてなくて、感覚的なものだったんだと思います。


──興味がなかったMMAからオファーがあったときはどう思ったんですか?


世志琥 オファー自体は試合の2週間前ぐらいにあったんですよ。


──けっこう急ですね!


世志琥 自分に直接来たわけじゃなくて、最初は高橋(奈七永)さんに話が入った感じなんですよ。で、高橋さんは一度断ったみたいなんです。でも、「どうしても出てほしい」という話が再度あったみたいで、そこで高橋さんから自分に「どう?」と話が入ってきて。なので「あ、出ます」みたいな。


──そこは即答だったんですか?


世志琥 即答でした。よくよく話を聞いたら韓国での試合だし、『ROAD FC』とかよく知らなかったんですけど、調べてみたら「けっこうデカい大会じゃん!」みたいな。


──試合を決めたあとにいろいろわかってきた(笑)。


世志琥 自分が所属する『SEAdLINNNG』の名前も大きく出るわけじゃないですか。だったらアピールにもなるし、いいかなって。


──『SEAdLINNNG』の宣伝になると。


世志琥 一番はやっぱり自分でも実力を試してみたいという理由でしたけどね。そういう練習を普段からしていましたし、「ちょっとやってみようかな」って。年末のRIZINでいろいろあったのも聞いていますし。


──プロレスラーの堀田祐美子選手がギャビ・ガルシアに敗れた試合ですね。大晦日のRIZINにかぎらず、プロレスラーがMMAで惨敗してきた歴史もあるので、ファンや関係者はけっこうネガティブに見てしまいがちなとこがあるんですよね。


世志琥 自分はそういう過去に対しては何も思うところはないんですけど、RIZINはちょっと悔しかったので。プロレスと格闘技はまったく別物なんですけど、同じプロレスラーとして勝ってほしかったなって。だから「ここで自分が!!」みたいな気持ちはありました。


──思うところがあったんですね。


世志琥 若干ですけどね。「プロレスラーは強いんだ!」ということを証明したいという気持ちがありました。


──格闘技の練習は普段から取り入れていたんですか?


世志琥 それはもう。今回のMMA参戦に関わらず、デビュー当時からやってますよ。


──デビュー当時から!


世志琥 当時は、シュートボクシングのジムとかで練習をさせていただいていましたし、ミット打ちやスパーリングとかもやっていましたね。


──そういう練習をする中で、自分から腕を試したいというような気持ちは湧かなかったんですか?


世志琥 なかったです。やっぱり、プロレス以外には興味がなかったですから。だから、今回も話が来なかったら、やってなかったと思いますよ。


──つまり、シュートボクシングでの練習などは、プロレスをやるうえで必要だったという認識ですか?


世志琥 そうです。プロレスに活かすために練習していたという感じですね。そういう練習はデビュー当時からメニューの中に組み込まれてましたし、それが当たり前だと思ってやってきましたから。それにスパーリングをやると本当にスタミナがつきますからね。だから、格闘技の練習はスタミナの練習みたいな(笑)。


──ハハハハハ! 実際にMMAをやると決まったときは、どういう気持ちだったんですか?

 

 

【続きはこちら】

pagetop